フィルムカメラ修理のかわず堂カメラ工房

かわず堂カメラ工房 TOPページ
カメラ修理ブログ 「Camera Days」へリンク
フィルムカメラ操作方法ページへリンク
特定商取引法に基づく表示です。
修理TOP修理の流れ料 金只今のお預かり期間
・・・精度のチェックは・・・
シャッタースピード、露出のチェックは、勿論、専用の測定器を使用。
必要に応じて、デプスゲージ、オートコリメーター、などなど。
でも、修理をしていく上で一番重要なのは、測定器より機械構造を理解する力、経験とそれに基づく"カン"でしょうか。

・・・レンズのチェック・・・
その他、デジタル技術を応用して、レンズ解像力チェックも必要に応じて行います。
絶対的な解像力を測るものではありませんが、メーカーや機種によって違いが出て、なかなか興味深い結果が出てきます。
(でも、レンズの具合は、ピントあわせなどで覗いた時に、大体わかります)

・・・工 具・・・
現在使用中のドライバーの一部を並べてみました。
カメラの修理には沢山の特殊形状の工具が必要です。
メーカーサポートが無い現在、必要なものは自分で作らなければなりません。
必要に応じて、最適な形状のものを、ヤスリやルーターで作っていきます。 このカメラのここでしか使用しない、というものもあります。
フィルムカメラ修理のかわず堂カメラ工房・ホームに戻る ページ上へ

Copyright (C) 2008-2017 フィルムカメラ修理専門店 かわず堂カメラ工房, All rights reserved.